豊橋総合動植物公園・のんほいパークの料金割引や前売り券(コンビニ)とクーポンについて

画像引用:のんほいパーク公式サイト

のんほいパークの入園料を無料にする方法

東三河に在住または、東三河の小中学校に在学している生徒、学校で配布される「ほの国こどもパスポート」を提示すると入園料が無料になります。

パスポートを忘れてしまった場合は、たとえ居住地と年齢を証明する資料を提示したとしても有料になるのでご注意ください。

それ以外の方法では、現在のところ入園料が無料になる方法はありません。

広告

のんほいパークの割引を受ける方法

豊橋総合動植物公園・のんほいパークでは、いくつか入園料の割引を受けられる方法があります。

以下の方法で割引を受けてお得に楽しんでくださいね。

豊橋市内在住の70歳以上である証明書を提示する

豊橋市内在住の70歳以上の方は、住所と年齢が証明できるものを提示することで割引になります。

料金は、大人(高校生以上)600円のところ→100円(500円割引)と大きな割引が適用されます。

自動車運転免許証や健康保険証など、提示するものの指定はなく居住地と年齢を証明できるものを提示すればOKです。

園内・市役所で前売り券を買う

のんほいパーク園内の窓口と豊橋市役所・東館1階では、お得な前売り券を買うことができます。

料金は、大人(高校生以上)600円のところ→480円(120円割引)、小・中学生100円のところ→80円(20円割引)です。

こちらは、購入の翌日から使用可能です。

前売り券(コンビニ)やJAFのクーポンはない?

こうした施設でよく見られるコンビニで前売り券を購入することで受けられる割引やJAFのクーポンはありません。

前売り券に関しては、先ほど書いたとおりのんほいパーク園内の窓口と豊橋市役所・東館1階で購入ができ、割引が受けられますが、JAFなどのクーポンの発行はないのが残念なところです。

JAFのクーポンは対象が一定ではないので、クーポンの対象になる可能性もないとは言えないので、もしも対象になることがあればこちらでもご紹介したいと思います。

広告

1年に4回以上行くなら年間パスポートがお得

のんほいパークの年間パスポートは大人(高校生以上)2,000円、小・中学生300円なので、1年間に4回以上行く予定がある場合には年間パスポートを購入した方がお得です。

仮に、今後またコロナの影響による臨時休園などがあっても、前回の例を見る限り、有効期限の延長などの対応がとられる可能性が高いと思われるので、年間パスポートを購入して損をする可能性は少ないと推測されます。

動物スポンサーになると年間パスポートが貰える

のんほいパークには、動物たちのエサ代を支援する「動物スポンサー」制度があります。

この制度を使って年間1口・20,000円以上の寄付をする(個人の場合。法人・団体向けも別途あります)と選べる特典がもらえ、その中のひとつに「年間パスポート1枚」があります。

選べる特典は「年間パスポート1枚」の他にも、「エサやり体験チケット2,000円分」「セグウェイガイドツアー招待券1回分」「のんほいサーキット・カート利用券走行2回分」があり、いずれか一つを選んで受け取ることができます。

参考になったらシェアしてくださいね!

おすすめ